今回のセットリスト




まずは1回ずつプレイ

リコメンド通りにやるとまずできてもできなくても1回ずつ全曲プレイする事になるので、今回はそれに添って書きます。
というのは、このセットリストとはかなり長くつきあうことになるからです。

Play With Fire / The Rolling Stones(目標:22,200pt)


えっこれほんとにストーンズの曲?演歌みたいだよ??
そんなことより、コードが連続でいっぱいでてくる!!!サビがほとんどコードだよ!!!
G→D→G→C→Em→アルペジオ
なにこれー!超忙しい!!できないよー!
曲は聞いてるだけだとゆっくりに聞こえるけど、そんなの初心者なんだからしったこっちゃないよー!このテンポでぜんぶコードとか無理無理!
だいたい画面がはやくてぜんぜんどこ押さえるのかわかんないし!
これは後でコード練習モードでがっつり練習だ…

Well OK Honey / Jenny O.(目標:24,900pt )


けだるい…しかも1コーラス終わるまでギターが出てこないから暇だ…
曲はすごくゆっくりなので、一見簡単かなと思えるんだけど、出てくる音が今まで使ったことない紫と緑の弦が中心なので、押さえるのもピッキングも馴れてないのでぜんぜんできない!

Me And The Bean / Spoon(目標:31,500pt )


31,500ptと目標スコア高めだけど、ピアノと同じ「テテテテテテテテ…」っていうう所がわりと稼げるので、これは1発クリア。

WELL OK HONEY

ここからは1曲ずつトライしていきます。
赤と黄色をほとんど使わない曲ははじめてかもしれない。
今の私のレベルだと、コードはほとんど出てこないので、アルペジオがメインなんだけど、押さえる場所も弦も3音ともちがうので弦の移動がスムーズにできないわたしは大苦戦。
同じような1コーラス目、2コーラス目でそれほど違うメロディや構成というわけでもなく、曲もゆっくりなので聞いてるだけだとすごく簡単そうに聞こえるのに、ぜんぜんスコアが伸びません。

しかも、見たことない形のノートが流れてきて、これがこの後にテクニックチャレンジとして登場する「プリング・オフ」でした。これ、この後に書くけどすごく難しくてとてもじゃないけど初心者がいきやりやっていきなりきるものじゃないみたい。
そんな難しいテクニックを含むアルペジオなんて初心者に出来るわけないだろー!わーん!

3回目にして目標引き下げが拒否できなくなってしまいました。
24,900ptから9,269ptへ…
悔しいけど目標引き下げたらクリア。うおおん!悔しいいいいーーーー!
でも、こんなに何度もやってもぜんぜん18,000pt前後にとどまってるのを根気よくチャレンジする気力もたぶんないので、この辺で手を打つのが妥当なのかなぁー

テクニックチャレンジ:ハンマリング・オンとプリング・オフ

「ハンマリング・オンは、ノートを弾いた後ピッキングせずにフレットに指を置いて音をならすテクニックです」
「プリング・オフは、これから演奏するふたつのノートを予め指で押さえておいて、離す方の指で弦を軽く引っ掻いて音をならします」


日本語でおk


なに…これ…どういうこと……引っ掻きながら離すとか…できないよ……(震え声)
一応テクニックチャレンジやってみるけど、案の定ぜんぜんできないので流れてくるノートを普通のピッキングでやり過ごしたらゲームが進行したので、この場はこのままやり過ごす事にします。

疲れたので今日はここまで。

今回チャレンジした楽曲はこちら